店舗アプリ制作ツールおすすめ5選

スマートフォンが普及した現代において、飲食店をはじめ、美容室やスーパー、ドラッグストアに至るまで、さまざまな店舗でアプリの提供が行われています。アプリは集客や販促の観点から、今となっては欠かせない存在となっています。

ここでは、店舗アプリを制作できるおすすめのツールについて、5つ紹介します。

※このページの掲載情報は2022年9月時点の内容です。

おすすめの店舗アプリ制作ツール

店舗アプリを制作しようと思った時に便利なツールがあります。ツールを活用することで、店舗独自の店舗アプリを作ることができます。ここでは、おすすめの店舗アプリ制作ツールについて、それぞれの特徴を解説しながら5種類紹介していきます。

アプリメンバーズ

アプリメンバーズ サイトトップページのスクリーンショット

アプリメンバーズは販促活動だけでなく、集客機能が多数備わった店舗アプリ制作ツールです。オリジナルアプリを少ないコストで作る事が出来る魅力を持っています。

クーポン機能やお店の情報を発信できるプッシュ通知などの機能も豊富で、アプリを通じてお得な情報をお客様のスマホ画面に表示させることができます。

また通常アプリ制作を外注に出した場合、開発費は高額になりがちです。アプリメンバーズでは、初期費用+月額費用を払えば、多額の開発費をかけずとも、店舗オリジナルのアプリを制作することができます。

LINE ミニアプリ

LINEミニアプリページのスクリーンショット

今や日本において、使っていない人の方が珍しいLINEですが、LINEアプリでもお店の情報を掲載してお客様のスマホに通知し、利用してもらうことができるようになっています。

LINEはスマホを持っている人はほぼ利用しているため、新たにアプリのダウンロードもしなくてよいため、お客様も利用しやすいというメリットがあります。

また、LINEミニアプリでは、飲食店や、美容室、スーパーなどの小売などといった、お店のジャンルごとに特化した機能も提供されています。

お店側としても全てがLINE内で完結するため、注文対応や会員証の発行など一般的には手間がかかる場面でも、簡単な操作で完結します。

常連コボット for LINE

常連コボット forLINEページのスクリーンショット

お店の常連客を確保したい場合におすすめなのが、常連コボットfor LINEです。スマートフォンでポイントカード機能を使えるようにしたい場合、最短1ヶ月でLINEミニアプリを作ることができます。

ポイントについては、来店ポイントに加え、ログインポイントや友達紹介ポイントなどさまざまなポイントを付与することが可能で、ユーザーの囲い込みに役立ちます。

このアプリの導入には、初期費用はかからず、毎月の基本料金9,800円で利用できるため、比較的導入しやすい店舗アプリであるといえます。

アプスタ

アプスタ サイトトップページのスクリーンショット

できるだけ低予算で自由度の高い店舗アプリを作りたいのであれば、アプスタがおすすめです。プランは2つ用意されており、複数ある機能をフルで活用するバリュープランと、多店舗運営をしている企業向けのエンタープライズプランがあります。

主な機能としては、プッシュ通知やクーポン機能をはじめ、会員証作成や顧客とマンツーマンでチャット可能なダイレクトトークなどが用意されています。制作実績は1,000社を超えており、多くの企業で選ばれています。

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリ サイトトップページのスクリーンショット

GMOおみせアプリでは、販促手段の電子化により、マーケティングにかかるコストの削減を徹底し、ユーザーとの円滑なコミュニケーションを可能にするアプリ制作プラットフォームであると提言しています。

業種によって必要な機能やサービスが異なりますが、柔軟にカスタマイズできるのが特徴で、アプリ制作の作業を簡便化し、煩わしい作業などなく簡単にオリジナルの自社アプリが作れます。 GMOおみせアプリの強みとして、データの活用があります。お客様が持っているデータと連携でき、またPOSやECで得たデータを有効に活用しながら、マーケティング活動に活かすことも可能です。